八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

空き缶、ペットボトルの…

 空き缶、ペットボトルのポイ捨てが一向に減らない▼茶、甘味飲料、健康飲料、水に加えてビール類も増えている。歩きながらの飲酒ポイ捨ては、そう見かけないので、走行中の車中からの投げ捨てで同乗者が見あたらない場合は酒気帯び運転▼栄養剤のガラス小ビンなども投げ捨てられている。案の定割れているのがある。現代人は強化ガラスの世話になっているのでガラス類は割れるという認識が欠けてきているようだ。ポイ捨ての多いのは道路の植栽や沿いの草むら。ことに郊外の低速区間一帯は多い。徐行しながらのポイ捨てはしやすいかも▼二兆円産業と言われる自販機と24時間コンビニの登場がポイ捨て増加の元凶とにらんでいる。その証左に島でも自販機、コンビニから周辺数百㍍の道路沿いにはけっこう多彩に投げ捨てられている▼小欄では以前から自販機設置の届け出許可制、農道沿い設置禁止、村落内への集約などを訴えてきているが行政は馬耳東風。そもそも自販機やコンビニで飲料を購入しても、そこで一気飲みして去るわけではないから途中でのポイ捨てとあいなる。かつては自販機設置時には必ずあった傍らの空き缶、ペットボトル回収ごみ箱も今では皆無だ▼ごみは類は友を呼ぶの例えのとおり、ごみ箱を置くと空き缶やペットボトル以外のごみも自然に寄ってくる。誰が好んでごみ箱を置くもんか。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム