八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

日本人客に不安感47% 交通マナー、言動や態度

石垣市観光アンケート

石垣市観光アンケート

石垣市観光アンケート 「ない」を12ポイント上回る

 今後の観光施策に活用するため石垣市が「石垣島の観光に関する住民意向アンケート2019」を実施し18日、調査結果を公表した。日本人観光客に対して不安感があるか問う質問では、「ある」「多少ある」に47.2%が回答。「あまりない」「ない」の35.1%を12.1ポイント上回った。具体的な「不安」としては交通マナー、言動や態度などが挙げられた。

 同アンケートは市民の観光客に対する意識や課題の抽出などを目的に実施。調査は昨年11月2~3日に開催された石垣島まつりの際、オンラインを活用してアンケートを実施、354件の回答があった。

 このうち「日本人観光客について不安に感じること」の質問に対し▽交通マナー28%▽特にない27.4%▽言動や態度10.2%▽店舗内外での食べ歩き7.6%ーなどの不安が寄せられた。

 日本人客マナー向上のために必要な施策についてはパンフレット・WEB制作、条例制定を求める声が26.3%で最多。このほか、看板設置が23.4%、などがあった。

 一方、外国人観光客に対する不安感について、「ある」「多少ある」との回答は68.4%と日本人客への不安感を上回る結果に。「あまりない」「ない」と回答したのは20.6%だった。外国人観光客への具体的不安は▽交通マナー24.3%▽特にない27.4%▽言動や態度10・2%▽店舗内外での食べ歩き16.7%ーなどと続く。

 回答者内訳は男性44.1%、女性55.1%、無回答0.8%。過去に観光関連産業で働いた経験者を問う項目では▽ない57.9%▽飲食業13.8%▽ホテル業11.9%▽観光ツアー業7.6%ーなどの順に多い。 同アンケート結果は石垣市ホームページに掲載されている。

  • タグ: 観光日本人
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム