八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市障がい者自立支援協議会(津嘉山航会長…

 石垣市障がい者自立支援協議会(津嘉山航会長、15人)は18日の全体会議で、市が来年度で整備を予定する地域生活支援拠点の方針を確認した▼障がい者の重度化・高齢化や「親亡き後」を見据え、障がい者が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、地域の実情に応じて居住支援のための機能を整備し、サービス提供体制を構築しようというものだ。ポイントは、障がい者の生活を地域全体で支えること。国が基本指針でも示している▼ところが、相模原市で起きた知的障がい者殺害事件は、これを否定するかのような悲しいものだった。入所者19人を殺害した罪などに問われた植松聖被告は16日、死刑を言い渡された。この判決で事件はひと区切りを迎えたが、彼がなぜ事件を起こしたのか、なぜ変貌したのか。解明すべき点は謎として残った。遺族からも「もやもやしたまま」との声▼死刑判決については、当然との見方が支配的だったが、識者からはこんな指摘があった▼「凶悪な人間だから生きる価値がないというのもひとつの選別で、同じ構造に社会がはまってしまっている」、「『障害者はいらない』と言った被告に対して、『お前こそいらない』と突きつけるようで、この事件の本質的な解決になるのか」▼死刑制度に”選別“の思想が見えてくる。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム