八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市立幼稚園 2園で園舎にお別れ

園歌を大きな声で歌うやえやま幼稚園の園児ら=19日午前、やえやま幼稚園

園歌を大きな声で歌うやえやま幼稚園の園児ら=19日午前、やえやま幼稚園

園歌ダンスを元気いっぱい踊るみやとり幼稚園の園児ら=19日午前、みやとり幼稚園

老朽化や事業計画で閉園

 施設の老朽化と市の子育て事業計画に基づき本年度で閉園となる石垣市立やえやま幼稚園(宮良勝也園長、園児15人)とみやとり幼稚園(市原教孝園長、園児12人)のお別れセレモニーが19日午前、両園で行われ、築いてきた長年の歴史に幕を閉じた。

 

87年の歴史に幕

     やえやま幼稚園

 

 やえやま幼稚園は1933年、八重山初の幼児教育施設として開園。87年の歴史で8926人の修了児を輩出してきた。もともとあった八重山博物館の場所から74年に現在の建物に引っ越し、ことしで築46年を迎える。

 セレモニーでは中山義隆市長、登野城字会の玉城学前会長のあいさつの後、園児全員で園歌を斉唱。歴史ある母園に別れを告げた。

 宮良園長は「登野城公民館やあやぱに学級が併設された本園は登野城の象徴であり地域住民の心のよりどころだった。登園する姿を見ることはできなくなるが、今後とも地域の子どもは地域で育てるという意気込みで温かく見守ってほしい」とあいさつした。

 祖父、父も同園出身だという冨永悠斗君(6)は「閉園は悲しい。でもいっぱい楽しいことがあった」と思い出を振り返り「小学校では算数を頑張りたい」と意気込みを語った。

 

地域に親しまれ74年

     みやとり幼稚園

 

 みやとり幼稚園は戦後間もない1946年、地域住民の強い要望により開園。74年の歴史で5117人の修了児を輩出してきた。69年に石垣公民館と併設され、ことしで築51年を迎える。

 セレモニーでは中山市長、石垣字会の森永用朗会長のあいさつの後、園児らに旗頭の寄贈や指導を行ったいしゃなぎら青年会の西表孫孝会長(28)、玉代勢秀弥さん(33)に感謝状が贈られた。最後は園児が元気よく園歌ダンスを踊り、同園の最後に花を添えた。

 市原園長は「石垣小に近いこと、宮鳥御嶽の静かで広々とした空間があること、地域の方と触れ合う機会に恵まれていることなど素晴らしい教育環境だった。いつの日かまた地域に温かく見守られる場所として復活することを願う」とあいさつした。

 父も同園出身だという宮良亜弥羽さん(6)は「皆ともうお別れだから悲しかった。幼稚園に1年間ありがとうと言いたい」と涙ながらに感謝し、「小学校では新しい友達と会えるのが楽しみ」と前を向いた。

 中山市長は両園について「本市の幼児教育の礎を築いてきた。輝かしい実績と伝統は後進に引き継がれていく。思いや実践を受け継ぎ、幼児教育の振興充実、進展を図りたい」と語った。

  • タグ: 市立幼稚園閉園
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム