八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

第41代ミス八重山

南十字星の石垣楓さん(中)、星の砂の掘井紗らさん(右)、サンゴの新里穂乃花さん=14日午前、底地ビーチ特設舞台

南十字星の石垣楓さん(中)、星の砂の掘井紗らさん(右)、サンゴの新里穂乃花さん=14日午前、底地ビーチ特設舞台

南十字星・石垣、星の砂・掘井、サンゴ・新里さん

 ことし1年、観光大使として八重山諸島の魅力を内外に発信する第41代ミス八重山の南十字星に石垣楓さん(22)、星の砂に掘井紗らさん(23)、サンゴに新里穂乃花さん(18)が選ばれ、八重山の海びらき2020で発表された。

 八重山ビジターズビューロー会長の中山義隆市長から認定された。第40代ミスに花束を贈呈、引き継ぎを受けた。航空券や宿泊券、特産品など51社から提供された副賞の目録も贈呈された。

 石垣さんは「個性的な島々が残る八重山諸島の魅力を五感を通して学び、新たな島の良さを発見し、発信したい。地元に愛されるよう努める」と決意。

 掘井さんは「八重山は多様な文化、貴重な動植物が共存する場所。これまで培った海外での体験を生かし、海外に魅力ある八重山を発信する」と抱負。

 新里さんは「八重山の文化や魅力を明るく楽しく多くの方に知ってもらえるよう努める、地元の人にも島々の良さを再発見してもらい、誇りをもってもらえるようPRしたい」と意欲を語った。

 ことしの衣装は㈱あざみ屋の企画制作。沖縄の夏に情熱的なだいだい色の花を咲かせる黄胡蝶(オオゴチョウ)をコンセプトに、チョウが羽を広げて空を舞っているようなイメージをデザインした。伝統織物みんさー織の「いつ(五)の世(四)までも末永く…」の精神性に思いを込め、八重山らしさを表現した。

【ミス八重山プロフィル】

 ▽石垣楓さん=石垣市出身。趣味・旅行、八重山そば巡り。特技・八重山舞踊。

 ▽掘井紗らさん=石垣市出身。趣味・旅行、アウトドア。特技・外国語。

 ▽新里穂乃花さん=石垣市出身。趣味・音楽鑑賞。特技・八重山舞踊。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム