八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

中山市長、議場を退席 大濱氏質問で紛糾、空転

大濱明彦氏の発言撤回と謝罪を求めて中山義隆市長が退席した後、空席となる市長席=9日午後、本会議場

大濱明彦氏の発言撤回と謝罪を求めて中山義隆市長が退席した後、空席となる市長席=9日午後、本会議場

「不正出張」発言に抗議

 3月定例石垣市議会(平良秀之議長)は9日、4番目に登壇した大濱明彦氏が市長の政治姿勢を問う一般質問で「不正出張、マンション購入疑惑」などと発言し、中山義隆市長が抗議して退席するという前代未聞の事態が起きた。与党も大浜氏に猛反発して退席、会議に必要な過半数を割り、一時空転した。与野党双方の申し合わせで大濱氏の残り時間を一般質問最終日13日の3番目に行うことを決めた。ただ、現段階で双方ともに納得しておらず、最終日も波乱含みとなっている。

 大濱氏は「長期政権の弊害についてどう考えるか」との質問項目で「この10年を顧みると、施政方針盗用問題から始まり、不正出張、マンション購入疑惑、新火葬場建設問題、さらには八重山教科書裁判、職務強要裁判、また係争中の住民投票裁判と枚挙にいとまがない」と述べた。

 中山市長や与党は「事実ではない」と一斉に反発、中山市長は休憩中に「これは名誉の問題だ。人をおとしめるのが野党か。こんなことを言われて黙ってはおれない」として施政方針盗用問題と新火葬場建設問題以外の取り消しと謝罪を要求した。野党側も「品位がない」などと応酬して騒然となった。

 休憩中に発言内容を確認した結果、大濱氏は中山市長が指摘した部分の発言の取り消しに応じ、平良議長が再開して報告したが、与党は「おわびと訂正が必要だ」と要求。平良議長は「議長の注意ということでお願いしたい。私の議事進行で行うのでお願いします」と再開して大濱氏の質問に対する答弁を求めたが、中山市長が退席、与党も「できない、できない」として議場を後にした。

 自民会派は「議場を混乱させ、発言は悪質な印象操作ともとれる」として謝罪と一般質問日の変更を平良議長に申し入れた。これを受け、議会運営委員会で変更を決めた。

 与党側は「誤解を与える発言は慎むべきだ。謝罪の必要がある。最終日までに考えを整理してもらいたい」(砥板芳行氏)と野党側に伝えた。

 一方、野党側は「市長は席を立って議場を出た議会軽視、議会の侮辱、責任放棄だ。本人の謝罪があってしかるべきだ」と平良議長に申し入れた。

  • タグ: 3月定例石垣市議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム