八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

クジャクとキジ44羽駆除 果樹・野菜の被害甚大

駆除後、次々と並べられたクジャクやキジ=8日午後、石垣市林業総合センターの駐車場

駆除後、次々と並べられたクジャクやキジ=8日午後、石垣市林業総合センターの駐車場

県猟友会石垣地区

 有害鳥獣に指定されているクジャクやキジの一斉駆除が8日、石垣島内全域で行われた。県猟友会石垣地区(石垣克治地区長)の会員で市から有害鳥獣駆除の資格を付与された約40人が参加しクジャク25羽、キジ19羽を駆除した。

 市農政経済課によると、今年度2月末時点の有害鳥獣駆除数はイノシシ約180頭、クジャク約600羽、キジ約700羽。被害額は、イノシシ200万円、クジャク160万円、キジ80万円の合計440万円と、前年度の約360万円を既に上回っている。

 イノシシによるサトウキビ、クジャクやキジの果樹・野菜への被害は甚大で、カラスによる肉用牛被害も発生している。

 同日の午前中から、猟銃で駆除を終えた参加者が石垣市林業総合センター駐車場に集まり、車から次々と駆除したクジャクやキジを降ろした。真っ白なアルビノのクジャクも並んだ。

 石垣地区長によると、近年の有害鳥は警戒心が高まり、銃を準備している間にすぐ逃げてしまうという。

 駆除したクジャクなどは後日、焼却処分される。

 一斉駆除は猟期の11月15日~翌年2月15日を避けて年4回実施。次回は今月22日を予定している。

  • タグ: 県猟友会石垣地区クジャク•キジ駆除
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム