八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

FDA与那国就航5周年 記念セレモニーで節目祝う

エンブラエル社旅客機で佐賀空港から与那国島に到着した乗客=5日午後、与那国空港

エンブラエル社旅客機で佐賀空港から与那国島に到着した乗客=5日午後、与那国空港

ミス八重山サンゴの名幸由梨奈さんから花束を受ける柏崎泰機長(左奥)らら=5日午後、与那国空港

毎年3月避寒地ツアー

 【与那国】(株)フジドリームエアラインズ(本社・静岡市、FDA)のチャーター便が与那国空港に就航して5周年を迎えた。5日午後、同空港で、佐賀空港から到着した乗客と乗務員らを出迎える記念セレモニーが行われ、参加した関係者が就航の節目を祝い、今後の継続運航に期待を寄せた。

 FDAは2016年3月、保有するエンブラエル社の旅客機(86席)を与那国路線に初就航させた。冬場のシニア層を中心に需要の多い避寒地ツアーとしてニーズを獲得し、毎年3月の1カ月間、チャーター便運航を継続している。

 5年目の運航初便は同日午後、与那国空港に到着、42人のツアー客を運んだ。到着ロビーでは町職員や町観光協会が出迎え、乗客1人1人に泡盛や黒糖などの入った記念品を手渡した。

 セレモニーではミス八重山サンゴの名幸由梨奈さんが柏崎泰機長らに花束を贈呈。外間守吉町長は「5年とはいわず未来永劫(えいごう)に渡り、地域の文化をアピールして、島の活性化に一役買っていただけたら」とあいさつ。

 柏崎機長は「引き続きチャーター事業を通して与那国島の魅力を発信していきたい」と語った。

 会社の仲間4人で訪れたという榊博幸さん(53)は「日本最西端の島を1度は見てみたかった。ドクターコトーのロケ地も楽しみだし、西崎で台湾を見てみたい」と楽しみな様子だった。

 新型コロナウイルス対策について高橋信常務取締役営業本部長は取材に「乗務員はマスクとコーヒーなど飲み物を手渡すときのため手袋を着用している。座席など通常は水拭きだが、アルコール消毒をするようにしている」と話した。

  • タグ: 与那国空港フジドリームエアラインズ就航5周年
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム