八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょう特別委員会審議 石垣市議会

造成工事が行われている旧ジュマールゴルフガーデン。それを逆L字型に囲む形で市有地の山林が広がっている=26日

造成工事が行われている旧ジュマールゴルフガーデン。それを逆L字型に囲む形で市有地の山林が広がっている=26日

造成工事が行われる前のジュマールゴルフガーデン。緑の芝が広がっている=2019年1月24日

陸自駐屯地市有地売却案 注目される議論の行方

 3月定例石垣市議会に上程されている平得大俣への陸上自衛隊配備計画にかかる市有地の売却案は27日、平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会(長山家康委員長、10人)で審議される。通常の議案だと担当課(契約管財課)の説明を受けた後に質疑を行い、可否を判断することになるが、野党側は最重要案件として全員協議会を提案することにしており、どのような方法で審議が行われるかがポイント。審議方法が決まった場合、いつ結論を出すのか、議論の行方が注目される。

 野党側は、市有地処分(売却・賃貸)を決定した公有財産検討委員会(委員長・川満誠一副市長、7人)が議事録を作成していないことに抗議、一切の資料を要求している。さらに現地調査の必要性も指摘する可能性がある。

 市が議会に提出している市有地売却案は10筆13・6㌶。うち9筆が山林、1筆が畑。山林面積は12・9㌶で全体の95%を占める。

 沖縄防衛局は、旧ジュマールゴルフガーデンで昨年3月1日から造成工事を行っている。工事開始から1年を前に八重山毎日新聞社は26日、小型無人機で状況を確認した。造成工事現場では地肌がむき出しになり、複数箇所で岩が集積されていた。うっそうとした森がジュマールを囲むように広がっていた。

  • タグ: 自衛隊駐屯地ジュマール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム