八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

自由な感性で950点 ちゅらハウスアート展、きょうまで

「ぼくのわたしのアート展」で約950点もの作品が展示されている=15日午前、市民会館展示ホール

「ぼくのわたしのアート展」で約950点もの作品が展示されている=15日午前、市民会館展示ホール

 「ぼくのわたしのアート展」(NPO法人ちゅらハウス主催)が15日、石垣市民会館展示ホールで始まった。同施設を利用している幼稚園から高校生までの子どもたちが、自由な感性で手掛けた作品約950点が展示されている。16日まで。

 同施設では週1回のペースでアートセラピーを実施。絵画や立体制作の時間を設け、子どもたちが制作を自由に楽しんでいる。この展示会は、1年間で作った作品を発表する場として開催されている。

 会場にはオリジナルかるたや手のスケッチ、絵の具を指で塗って作るフィンガーペイント、紙粘土で作った夏野菜など多くの作品が展示され、午前中から関心のある市民らが足を運んだ。

 ちゅらハウスの担当者は「紙粘土は実物を見て作ったが、自由な感性で色を付けている。大人では型にはまってしまうものが、いろいろな作品に仕上がっているので、そこを見てほしい」とPRした。

 展示会は午前10時から午後5時まで。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム