八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町仮庁舎、25日に供用開始 22日から引っ越し作業

整備がほぼ終了した仮庁舎。22日から引っ越し作業が行われる=14日午後、ホテルエメラルドアイル石垣島から撮影

整備がほぼ終了した仮庁舎。22日から引っ越し作業が行われる=14日午後、ホテルエメラルドアイル石垣島から撮影

 西表大原と石垣市での新庁舎建設を目指す竹富町は14日までに、現庁舎向かいに建設している仮庁舎への移転予定日を決めた。22~24日の3日間で引っ越し、25日から仮庁舎で業務を開始する。現庁舎は3月中の解体を目指している。

 仮庁舎は昨年11月13日に起工式を終え、建設がスタート。構造は折り畳み式ユニットハウスの1階建て。各ユニットハウスを連結した計6棟からなる。

 政策推進課によると、仮庁舎の延べ床面積は995・3平方㍍で現庁舎1階の952・2平方㍍より広い。14日までに仮庁舎の内装工事が終了し、この日に八重山土木事務所の検査を受けた。

 現庁舎の解体工事は17日に入札を行う予定で、手続きが終了次第、作業に移る。

 仮庁舎移転後は、解体された現庁舎敷地に石垣支所を建設する。新年度にプロポーザル方式で公募を行い、2020年度内の工事着工を目指す。本庁舎は西表大原に移転する予定。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム