八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

地球温暖化が急速に進む中、南極の棚氷が…

 地球温暖化が急速に進む中、南極の棚氷が崩壊し、グリーンランドの氷床は解け続けている▼世界各地から氷や雪に関する異変が報告され、その影響は地球規模に及ぶ。人間の活動が引き起こす大気の変化が、地球の気候や環境を破壊して人類の将来を危うくしている現状である▼気候変動に関する政府間パネル(IPCC)などの科学者は「温室効果ガスの排出量が多かった場合、今世紀末には永久凍土が69%減る可能性がある」「南極やグリーンランドの氷床の溶解が止まらなくなり今後、数百年間も海面上昇が続く可能性がある」と厳しい将来予測をしている▼地球温暖化対策が重要視される中、注目されているのがスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(17)である。昨年9月、ニューヨークの国連本部で開かれた「気候行動サミット」で若者を代表して演説▼60以上の国の首脳らの前で「未来の世代の目はみなさんに注がれている。私たちを裏切ることを選べば許さない」と世界に訴えた。その後、各地で地球温暖化対策を訴える抗議行動が展開されるようになった▼何事も「たかが」がどんどん大きくなると「まさか」になってしまうことがある。「あの時、ああしておけばよかった」にはしたくない。しっかりと足元から地球環境の未来を考えたい。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム