八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣中学校 創立70周年で式典

石垣中学校校歌を斉唱する卒業生や在校生ら=8日午後、同校体育館

石垣中学校校歌を斉唱する卒業生や在校生ら=8日午後、同校体育館

教育功労者などに感謝状

 石垣中学校(宮良信浩校長、生徒553人)の創立70周年記念式典(記念事業期成会主催)が8日午後、体育館で行われた。在校生や卒業生など多くの関係者が同校の歩みと誇りを再確認し、歴史的佳節を盛大に祝った。卒業生で元WBA世界ジュニアフライ級王者の具志堅用高さん(64)=新川出身=による記念講演、教育功労者や高額寄付者などへの感謝状の贈呈もあった。

 石垣中学校は1949年4月1日に創立。「文武両道」を校訓とし、これまでに2万971人が卒業した。現在は新川、新栄町、石垣、真喜良、双葉などの地域を学区としている。

 宮良校長はあいさつで「70周年を節目に、生徒一人一人が夢実現へ向けて大きく前進することを期待したい」と語り、同記念事業期成会の黒島健会長は式辞で「多くの先輩が営々と築き上げてきた輝かしい歴史と伝統をしっかり受け継ぎ、さらに発展させるべく自己の目標に向かって日々勉学に励んでほしい」と在校生を激励した。

 木伏森蔵生徒会長は「一人一人が頑張ることで文武両道を達成し、それぞれの課題に取り組んでいきたい」として、生徒全員でさらに努力することを誓った。

 感謝状受領者を代表し、元校長の南和秀氏が「石垣中学校の縁を大切にして、卒業しても会いたいと思われる関係をつくってほしい」と生徒や教諭らに伝えた。

 八重山教育事務所の宮良永秀所長、中山義隆石垣市長の代理で川満誠一副市長が祝辞を述べた。

■石垣中学校創立70周年記念式典感謝状受領者

 【元校長】

 国吉長秀、仲田森和、南和秀

 【元PTA会長】

 飯田実男、武富弘次、田口貴子、徳山純英、砂川正信、下地盛喜、玉代勢治

 【教育功労者】

 ▽団体の部=崎原建設(崎原健) 

 ▽個人の部=桃原用昇、多良間勉、大濵武、慶田盛みほ子、仲新城明美、富永忠明、玉城久、兼松良明

 【高額寄付者】

 ▽個人=具志堅用高、島村修、野田純一、渡慶次賢康、金城文雄、森永用朗、大濵長照、大底英一郎、大底次太郎、池原吉剋、新垣隆顕、國吉瑠美、宮國京子、辻野信成、安里宜和、新田一雄、浦内克雄、モリヤママサノリ

 ▽企業=㈱沖縄土木(当山喜一郎)、㈲大祐土木設計(比屋根祐)、㈱石垣生コンクリート工業(兼盛博文)、南西開発㈱(玉城修)、石垣鋼材㈱(内間聡)、黒島硝子(黒島安聡)、金城かまぼこ(金城球二)、山田書店(山田隆雄)、㈲原商事(川原絹子)、砂盛工業㈱(砂川盛栄)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム