八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

島では、中学、高校卒業後…

 島では、中学、高校卒業後の12年ごとの生年に実行委員会を立ち上げて、島内外の該当者に呼び掛け集い大同窓会を催すことが多い▼地域(村)によっては、12歳から96歳までの各生年者を網羅した合同祝いを毎年行っている事例もあり同年齢(学年)のみの大同窓会を呼び掛けられても同じ年に2回も集うのでは腰が引けてしまうことも▼島の同年齢大同窓会で数多く集まるのが60歳(還暦)。子育ても一段落、経済的にも時間的にもゆとりができて参加しやすいようだ▼ところが次の72歳になると、膝や腰が痛む、孫の世話で時間が取れないなどの理由でうんと減る。世間には口さがない人もいて「百歳時代とはいえ、みなさん、72歳まで達者でいる自信はあるか、いわんや84歳?」と脅かす。ほとんどがひるんでしまう▼そういえば、私の周りでも少なくない知友が還暦後に亡くなっている。その意味で、還暦大同窓会の2次会で「諸君、次の生年の再会まで大丈夫か」の声に呼応したH君の発案「生年の中間66歳で集まろう」は正解だった。その場で盛り上がり計画したのが中学卒業50年同窓会。大中では後輩たちが継承し6回になる▼さて72歳。地域の合同祝いを横目に11月に大同窓会を決めた。が、前途多難。参加したくなる宙(チュー)返り妙案いずこ。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム