八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ラン大賞に明末敏生さん 通算3度目、育成に15年

大賞に輝いた明末敏生さんとカトレア=7日午前、石垣市民会館展示ホール

大賞に輝いた明末敏生さんとカトレア=7日午前、石垣市民会館展示ホール

約90種の色とりどりのランが展示されている第46回花と緑のラン展示会=7日午後、石垣市民会館展示ホール

ラン展示会

 第46回花と緑のラン展示会(主催・八重山蘭同好会、後援・八重山毎日新聞社)が7日、石垣市民会館展示ホールで始まった。会員が丹精込めて育てたラン約90点が展示されている。八重山毎日新聞社社長賞のラン大賞には、カトレアを出展した明末敏生さん(76)=新川=が選ばれた。今回の受賞で3度目の大賞。

 明末さんのカトレアは育成から約15年経過し、1カ月前に開花したばかり。前内原用吉会長が英国王立園芸協会に登録した人工交配種「八重山ゴールド」のフラスコ苗から育ててきた。

 育成の上で気を付けたことは日差しと風通し。明末さんは「小さな苗だったので太陽を遮るためにガーゼで防いだ。風通しが悪いと虫が付くなど育ちが悪くなるので気を付けた」と振り返る。

 また、「咲いた時はすごくうれしかった。1カ月前に咲いたがよく展示会までもった」と感想を述べ、「ランは子どもを育てるようなもの」と魅力を語った。今後の目標については「半分は交配種だが、次は原種に切り替えていきたい」と話した。

 前内原会長は明末さんについて「会員の中でも真面目で、よく手入れされている。まさに一流だ」と太鼓判。全体の総評では「栽培技術が向上し、レベルが上がっている。原種から改良種まで豊富にそろっている」と話した。

 展示会は8日まで。時間は午前9時30分から午後5時。大賞以外の結果は次の通り。

 ▽金賞=当山全秋(バンダ・ラメラータ)▽銀賞=石垣孫靖(カトレア)、西里豊吉(同)▽銅賞=浜田弘美(同)、前内原用吉(バンダ・ゴールドスター)、當銘光成(バンダ・ラメラータ)▽栽培賞=明末敏生(カトレア)、前内原用吉(バンダ・ラメラータ)▽奨励賞=松島和代(コウトウシラン)、入嵩西その子(カトレア)▽特別賞=穂刈譲(アンスリウム)

  • タグ: 花と緑のラン展示会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム