八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市公有財産検討委員会は昨年6月7日、

 石垣市公有財産検討委員会は昨年6月7日、陸上自衛隊部隊配置に係る市有地の売り払いの審議に際し、7項目の運営方針を決定した▼その一つに「委員会の公開及び議事録作成をすることによって意見内容等が委員の特定につながり、意見を出しにくい環境となる。また、売り払いによる袋地などの影響等も検討するため、周辺地権者などの個人情報も特定される恐れがある。よって委員会は、非公開とし、議事録は作成しない」とある。非公開はやむを得ないが、議事録を作成しないとはどういうことか▼同委は副市長、総務部長、企画部長、市民保健部長、福祉部長、農林水産部長、建設部長、教育部長で構成される▼部長は関係課を所管し、副市長は各部を統括する。部を代表して意見を言う責任が当然に伴う。個人情報については開示するときに黒塗りすれば事足りる▼同委は昨年11月29日に市有地の売り払い・貸し付け方針を決定、今月5日には額を決めた▼カンムリワシなど自然環境への影響について指摘があったかどうか、はたまた「自治基本条例の住民投票実施義務をめぐって係争中なので司法の判断が出た後に決定しても遅くないのではないか」との意見が出ていたかどうか。でも、主権者である市民に確認するすべはない。行政って何だ。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム