八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

オオメジロザメを捕獲 体長2.8㍍、登野城漁港内

仕留められたオオメジロザメ。作業員によると、港内にはまだ2、3頭いるという=5日午後、登野城漁港

仕留められたオオメジロザメ。作業員によると、港内にはまだ2、3頭いるという=5日午後、登野城漁港

 登野城漁港内で5日朝、サメが捕獲された。漁港内で石垣市発注の防風ネット設置工事に携わる作業員(44)が4日夕、潜水作業の安全を確保しようと、魚の頭をエサにサメ駆除用の漁具を仕掛けていた。引き上げられたサメはオオメジロザメ。計測したところ、体長は2・8㍍もあった。

 作業員によると、昨年夏ごろからサメがいるのを確認。作業員や漁業者がこれまで計5頭を仕留めているが、港内にはまだ2、3頭いるという。

 設置工事は水中での作業も伴う。避難用のおりを設置しているが、作業員は「安心はできない。避難できずに万が一、被害に遭ったらどうするのか。目撃情報があった場合は関係機関で駆除できないか」と訴えている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム