八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

冷静な対応を心掛け…

 冷静な対応を心掛け、拡大防止を図ろう。世界規模で感染が広がる新型コロナウイルスによる肺炎。国内でも患者が増える一方、インターネット上などで飛び交う不確かな情報に翻弄されないことが重要であろう▼石垣市でも1日、台湾から寄港したクルーズ船に、最初の患者が発生した中国武漢市へ渡航歴のある乗員1人がいたことが判明し、乗客らの発熱を調べるサーモグラフィー検査を実施し、全員に問題がなかった▼にもかかわらずネット上では「クルーズ船の添乗員が武漢で発熱、発症したらしい」とのデマが発信された。本社には、心配した市民から事の真意を確認する電話があったほどだ▼新型肺炎は人から人へ感染する。ウイルスの感染経路は、患者のせきやくしゃみのしぶきを吸い込む「飛沫(ひまつ)感染」と、ウイルスが付いたドアノブなどを触った手を介する「接触感染」だと考えられている▼何はともあれ、予防が第一。むやみに恐れることはなく、日頃からこまめに手を洗うこと、マスクを着用することなどが有効といわれる▼デマによる群衆心理は、もともと興味や関心の似た人たちが、共通の刺激に応じて同じような反応を示していく。不正確な情報は、過度の不安をあおるだけである。正しい情報に接し、正しく警戒する。心の備えを。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム