八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

入域客過去最多148万人

観光消費額は981億円 クルーズ船6万人増

 2019年の八重山入域観光客数が148万2153人(前年比7.4%増)、観光消費額981億9000万円(同3.8%増、推計)でともに過去最高値を更新し、八重山ビジターズビューロー(YVB)が設定した入域目標142万人を大幅に上回ったことが八重山事務所の29日の発表で分かった。19年は空路、海路とも好調で特に外航クルーズ船が過去最多の148回寄港し、前年比6万6903人(22.8%)増と全体の入域者数を大きく押し上げた。

 国内路線は107万2533人で2万9668人(2.9%)増で好調に推移。県外直行便は52万4772人で3万8194人(7.8%)増と大幅に増えた。このうち、東京路線31万4912人(前年比8.2%増)、福岡路線3万1136人(同34.4%増)と国内線をけん引した。

 海外路線は41万97人で7万2247人(21.4%)増。外航クルーズ船は18年の107回を大きく上回り、36万60人を石垣港に運んだ。前年低迷したクルーズ船の大幅増は旅行会社のトレンドとして再び石垣島が選ばれたものとみられる。10万㌧以上の船の寄港は17回で、前年比1回の減。

 海外空路は香港エクスプレスがサマー期間(4~10月)に毎日就航したこともあり、香港からの入域観光客数が4万2102人で前年比7135人(20.4%)増と伸ばした。

 入域者の国・地域別内訳は▽台湾8万5203人(前年比2.8%減)▽香港3万2891人(同22.5%増)▽中国3万9467人(同1108.8%増)▽韓国204人(同90.2%減)|など。

 地域別では▽石垣島147万1691人(同7.5%増)▽竹富町102万6590人(同1.8%減)▽与那国島4万616人(同0.5%増)。竹富町の各島では竹富島、新城島の2島が前年比増となった。

 YVBの金城徹専務理事は取材に対し「YVBの142万人という目標が達成できた。航空路、クルーズ船が好調に推移した」と講評。課題として「トップシーズンと閑散期の平準化対策が必要。宿泊数と消費額は連動するので宿泊数を伸ばしたい」と話した。

入域観光客消費額

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム