八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3845人が完走 仲間(那覇)が初優勝、川内(埼玉)も初V

午前9時の号砲とともに一斉にスタートするフルと24㌔のランナー=26日午前、石垣市中央運動公園

午前9時の号砲とともに一斉にスタートするフルと24㌔のランナー=26日午前、石垣市中央運動公園

きいやま商店のライブで盛り上がる参加者ら=26日午後、石垣市総合体育館メインアリーナ

第18回石垣島マラソン

 第18回石垣島マラソン(石垣市など主催)が26日、市中央運動公園を発着点にフルマラソン、24㌔、10㌔の各コースで行われ、1393人が出場したフルマラソンは男子・仲間孝大(31)=那覇市=が2時間43分45秒、女子・川内侑子(34)=埼玉県=が3時間02分08秒でそれぞれ初優勝を飾った。大会には3部門合計で4089人が出場、3845人が完走し、完走率は94%だった。

 フル男子は優勝した仲間と王滝将弘=石垣市=が序盤から抜け出し、24㌔の選手らと先頭集団を形成。16㌔地点で王滝を引き離した仲間が独走態勢に入った。終盤、2位の大城優人の追い上げを受けたものの、リードを守りゴールテープを切った。

 フル女子は川内が序盤から一人旅のレースを展開。2位に24分近くの大差をつけて大会初出場、初優勝を飾った。

 961人が出場した24㌔は男子・棚原憲哉(26)=名護市=が1時間25分34秒、女子・矢崎なつみ(30)=東京都=が1時間54分05秒、1735人が走った10㌔は男子・川満晃弘(38)=西表住吉=が35分48秒、女子・根本侑実(26)=神奈川県=が43分13秒で制した。

 石垣島地方気象台によると、スタート時の午前9時の気温は23.7度、湿度93%、南東の風4.7㍍。曇り空で午後から雨が降るなどランナーにとっては難しいコンディションとなった。

 沿道では大勢の市民らが懸命に走るランナーに声援を送り、エイドステーションではボランティアが給水などに走り回った。

 大会のスターターはフルと24㌔はサンマリノ共和国大使のマンリオ・カデロ氏とルクセンブルク大公国大使のピエール・フェリング氏、10㌔は、きいやま商店が務めた。

 

■互いの完走たたえる 交流パーティーで親睦

 石垣市総合体育館では石垣島マラソンを走り終えたランナーや家族、友人らが互いの完走をたたえ合いながら親睦を深める「交流パーティー」が開かれ、参加者が多彩なステージ余興と島の特産品などを味わいながら来年の再会を誓い合った。

 会場にはマラソンを終えたランナーが続々と詰めかけ、にぎわいを見せた。打ち上げのお酒やご飯を楽しみ、疲れを癒やしながら、大会の話に花を咲かせた。

 午前11時にスタートしたステージでは、参加レースのカテゴリー別に抽選会が行われたほか、琉球國まつり太鼓八重山支部の勇壮な演舞、八重山高校郷土芸能部による舞踊が披露された。

 ステージの最後はやなわらばー、きいやま商店のライブで大いに盛り上がり、笑顔で大会を締めくくった。

  • タグ: 石垣島マラソン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム