八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ヒナイエリア利用制限へ 竹富町

特定自然観光資源に指定し利用制限が検討されているヒナイ川=2019年6月29日

特定自然観光資源に指定し利用制限が検討されているヒナイ川=2019年6月29日

「特定自然観光資源」指定で

 【西表】竹富町は自然体験ツアーで人気を集める西表島北部のヒナイエリア(ヒナイ川、西田川)に対し利用制限をかける方針だ。エコツーリズム推進法を活用した国内で前例のない「特定自然観光資源」のエリア指定を目指す。このほか、仲間川、北東部、浦内川、南西部、海岸の各エリアでも一定ルールの下でツアーが可能な自然観光資源の指定も行う。二つのエリアを除いた世界自然遺産登録推薦区域は、原則観光目的の利用はできない。

 規制は観光利用のみに適用され、住民の猟や学校行事など慣例的な利用は制限されない。

 21日午後、竹富町離島振興総合センターで第2回竹富町西表島エコツーリズム推進協議会(町主催)が行われ、昨年11月から各エリアのワーキンググループが議論し取りまとめた「対象範囲」や「1日当たり案内可能な客数などの制限」について協議した。

 環境省西表自然保護官事務所は、昨年3月末から12月上旬にかけヒナイエリアの利用者数をカウントしており、1日の最大利用者数はマーレ川~ヒナイ川で300人、西田川130人、ヒナイ川エリア全体360人程度だった。データを基に試算した年間推定値は、ヒナイ川エリア全体で4万人強。

 現在、観光客の利用によりヒナイ川や上流の陸域では▽マングローブの根が損傷▽ピナイサーラの滝つぼのピーク時における過密化▽踏圧で歩道上の樹木の根や岩が削られるーなどの問題も発生。

 同協議会は河川や山道、海の過剰利用を抑え自然環境を保全する目的で、フィールドでの利用ルールや立ち入り制限エリアを盛り込んだ「西表島エコツーリズム推進全体構想」を策定する。

 ヒナイエリアの利用制限案は、ガイド1人当たりが案内できる利用客数、1事業者当たりが受け入れ可能な団体数の上限を設定する。

 出席した委員からは「人数制限でヒナイエリアのツアーに参加できなかった観光客が、別のエリアへ流れてそこが荒らされないか」と懸念の声も。

 自然観光資源候補の一部エリアでは、ガイド1事業者当たりの案内人数の上限が設定されておらず、「早めに設定すべきだ」と指摘も出た。

 町は、ことし3月に第3回協議会を開き、エコツー全体構想案をまとめ、夏ごろ国の関係省庁へ提出する計画。

  • タグ: 西表島ヒナイ特定自然観光資源
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム