八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

マイクロプラ清掃

大量に集めたごみを分別する参加者ら=18日午後、白保海岸

大量に集めたごみを分別する参加者ら=18日午後、白保海岸

ロハス南阿蘇たすけあい 島内外から46人参加

 第1回石垣島マイクロプラスチック清掃(一般社団法人ロハス南阿蘇たすけあい主催)が18日、白保海岸で行われ、島内外から参加した46人が海岸の清掃活動に取り組んだ。

 同会は熊本地震の被災者支援や全国のボランティア活動の支援を目的に、がれき撤去、家屋の修理、ごみの処理などを自衛隊などと共に行っている。離島での水害支援などを目的に昨年4月に同会石垣ベースができたことから実施された。

 参加者らは午前8時から午後3時まで海岸のごみを拾い集め、仕分け作業などに取り組んだ。

 井出順二理事長は「マイクロプラスチックになる前のものを撲滅したい。今後も引き続き活動していくので、きっかけづくりになれば」と話した。

 家族3人で参加した新本礼子さんは「とにかくごみの多さにびっくりした。発泡スチロール、ペットボトル、拾っても拾ってもいろんなごみがあった。前からすごいと思っていたが、これを機会に何か行動を起こしていきたい」と話した。

 19日も白保海岸東屋で清掃活動を行う予定。午前8時から午後3時まで。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム