八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

㈱ユニマットプレシャスが前勢岳北側で計画

 ㈱ユニマットプレシャスが前勢岳北側で計画するゴルフ場付きリゾート施設の9月着工にめどが立ったと言う▼八重山ゴルフ協会の高木健会長らが6日、会見し明らかにした。着工から完成までに1年半~2年、順調に行けば2022年夏のオープンが見込まれる▼島内の本格的なゴルフ場は、市内白保にあった石垣島ゴルフ倶楽部が、新空港建設に伴い2006年9月に閉鎖され、それ以降、島にロングコースがないまま14年が経過しているだけに、今回の見通しは、ゴルファーにとっては朗報だ▼これまで指摘されたアンパルの自然環境保護は、アセス手続きでカンムリワシの生息地やイタジイ群落など主要な地区を保全対象地区として残すなど、配慮。課題の農地転用や農振除外については、石垣市が地域未来投資促進法による緩和措置で、クリアできるめどが立ったようだ▼会見には、ゴルフ協会のほかに市商工会や観光交流協会、八重山建設産業団体連合会、八重山漁協なども同席、ゴルフ場建設に対する市の経済界の期待の表れだ▼ゴルフ場は、郡内の愛好家のみならず、観光面でも必要な施設として建設が要望されてきた。島に本格的な施設が無い中、順調に観光入域を伸ばしてきた石垣島。ゴルフ場建設で更なる観光、経済振興への期待が高まる。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム