八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ゴルフ場建設 「9月着工のめど」

9月着工のめどが立ったと発表する八重山ゴルフ協会の高木健会長(起立)=6日夕、南の美ら花ホテルミヤヒラ

9月着工のめどが立ったと発表する八重山ゴルフ協会の高木健会長(起立)=6日夕、南の美ら花ホテルミヤヒラ

八重山ゴルフ協会が発表

 八重山ゴルフ協会の高木健会長らが6日夕、石垣市内のホテルで会見し、㈱ユニマットプレシャスが前勢岳北側で計画するゴルフ場付きリゾート施設について「9月着工のめどが立った」と発表した。同席した中山義隆市長によると、同社が行っている環境影響評価(環境アセス)と、市が進めている地域未来投資促進法の活用による農振除外の手続きが、8月末までに終える見込みとなっているため、着工の見通しがついた。

 敷地面積は127㌶で、ゴルフ場は18ホール(7308ヤード)。協会によると、県内1のヤード数を誇るゴルフ場になる。ほかに宿泊施設なども整備する。同社によると、着工から完成までに1年半~2年かかる見込みという。

 ゴルフコースの図面は確定しており、環境への配慮では、これまでのアセス手続きでウカドーガーラの沢やカンムリワシの生息地、イタジイ群落、サガリバナ群落などを保全対象地区として残す計画に変更した。

 中山市長は「図面を見せてもらったが、アンパルを守る会の要請を受けて変更しており、企業として最大限、環境に配慮している。ユニマットが最適と思う」と高く評価した。

 最大の課題となっている農地転用や農振除外について市は、同法による規制緩和措置でクリアしたい考え。中山市長は「県、国と連携して作業を進める。9月に認可が下りる体制まで持っていきたい」と意欲を語った。

 高木会長は会見で「5年余りの年月をかけ、やっと着工のめどが立つというところまできた。行政、企業、市民団体が一体となり、自然環境を守り、自然と触れ合えるゴルフ場の建設の夢を実現することが求められている」と述べ、市民の理解を求めた。

 会見には市商工会、八重山建設産業団体連合会、市観光交流協会、八重山漁協、八重山青年会議所の代表らが同席。大浜一郎県議、商工会の黒嶋克史会長があいさつした。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム