八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

年末年始をふるさとで 帰省ラッシュで空港混雑

年末年始をふるさとで過ごそうと帰省する到着客ら=28日午後、南ぬ島石垣空港

年末年始をふるさとで過ごそうと帰省する到着客ら=28日午後、南ぬ島石垣空港

 南ぬ島石垣空港で帰省ラッシュが始まっている。連休初日の28日、観光客に加え、帰省客で混雑した。年末年始をふるさとで過ごす家族連れ、成人式などに出席する新成人ら郡内出身者が帰省、到着ロビーでは親族らとの再会を喜び合う姿が見られた。今回は三が日明けが土日と重なっているため、28日から1月5日までの9連休となっている。

 正月帰省に合わせ、石垣市と与那国町では4日、竹富町内では2日から3日にかけ、それぞれ成人式が行われる。生年祝いを行う地域もある。

 石垣空港にはこの日、土産を抱えた出身者が続々と降り立った。八重瀬町に暮らす娘家族を到着ロビーで待っていた新垣精俊さん(73)・春枝さん(71)夫妻=大川=は、長女・浩子さん(38)夫妻と孫の真子ちゃん(3)、志真ちゃん(2)を見つけると、大きく手を振って合図。孫たちも「おじいちゃーん、おばあちゃーん」と一目散に祖父母に抱き付いていた。

 春枝さんは「約1年ぶりに会うと、身長も伸び、語彙(ごい)もしっかりしていて成長を感じる」と目を細め、「ラフティーや中身汁などウチナー料理を振る舞いたい。よい正月が迎えられる」と笑みを浮かべた。

 浩子さんは「子どもも少し大きくなったので、バンナ公園や海辺など島の自然の中で遊ばせたい」とうれしそう。36歳の生年祝いに参加できなかったため、仲の良い旧友らとのプチ同窓会も心待ちにしている。

 航空会社によると、下りのピークは30日まで、上りは1月3日となっている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム