八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与儀、譜久嶺さん優勝 海月会のイカ曳き大会

八重山海月会の2019年総会が開かれ、烏賊曳き大会の優勝者が発表された=19日夜、島の美食や「なかゆくい」

八重山海月会の2019年総会が開かれ、烏賊曳き大会の優勝者が発表された=19日夜、島の美食や「なかゆくい」

 伝統漁法でイカを狙うサークル、八重山海月会(高木健会長)の2019年総会が19日夜、市内飲食店で開かれた。ことしの「烏賊(いか)曳(ひ)き大会」の優勝者は、与儀守二さん(83)=浜崎町=と譜久嶺文一さん(79)=真栄里=の2人に決まった。

 烏賊曳き大会は木エギを使ってイカの釣果を競う大会。8月、11月にトーナメント方式で大会が進められた。当初は12月の第3回大会で優勝決定戦をする予定だったが、開催の条件でもある満月時の天候が悪かったため中止に。結果、決定戦に残った2人が優勝となった。与儀さんはイカ10匹で揚げ高賞も獲得した。

 近年、釣果が少ないことについて高木会長は「長い歴史の中で、イカがいない時代を迎えている。会の歴史を絶やすことなく、みんなで助け合いイカ曳きの楽しさを確認して頑張ろう」と呼び掛けた。

 総会に出席した譜久嶺さんは通算9度目の優勝。もう一人の優勝者、与儀さんんとは同期入会という。譜久嶺さんは「これからも勝負にこだわらず、楽しくやっていきたい」と話し、「良いエギもできた。来年も自信を持って頑張る」と連覇を狙う考え。

 大会の揚げ高は次の通り。

 ▽1位=与儀守二(10匹)▽2位=前泊原通(7匹)▽2位=大工盛賢(7匹)▽2位=小浜正貞(7匹)▽3位=譜久嶺文一(6匹)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム