八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山署 市役所で路上寝写真展示

27日まで開かれる路上寝写真展。写真から実態が確認できる=19日午前、市役所

27日まで開かれる路上寝写真展。写真から実態が確認できる=19日午前、市役所

ことし654件と増加 全裸での路上寝も

 飲酒機会が多くなる年末年始を前に、八重山署が路上寝込み防止の機運醸成と適正飲酒運動の推進を目的に、路上寝写真を石垣市役所1階玄関ロビーで展示している。27日まで。全裸で道路に寝込むケースもある。同署は「路上寝は事件事故に直結するため、適正飲酒に努め、被害者にならないようにしてほしい」(金城太副署長)と呼び掛けている。

 同署によると、昨年の路上寝は597件と減少傾向にあったが、ことしは12月10日現在で654件とすでに前年を上回っている。路上寝込み者を被害者とする犯罪は4件でいずれも窃盗だった。

 路上寝の通報があった場合、同署は起こして帰宅させているが、泥酔して動かない場合は保護することもあるという。

 後日、任意の呼び出しで指導警告を与えており、警告した46人にアンケートしたところ、路上寝の回数は初めて9人。2回目20人、3~5回目7人、6回目以上2人、無回答8人となり、繰り返す傾向が見られた。

 写真展で同署は「路上寝込みは、事件事故に遭いやすい非常に危険な行為であるとともに、観光地である八重山地域のイメージダウンにつながる」と注意を喚起。昨年からことしにかけて確認された路上寝のうち18点を掲示している。

 全裸であおむけに寝ていたり、転倒した自転車ごと路上寝していたりする姿をとらえた写真も。来庁者は「大変だこれは。考えられない」と驚きの声を上げた。

  • タグ: 八重山署路上寝写真展
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム