八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国町 新庁舎建設費取り下げ

完成予想イメージ図-1
与那国町役場新庁舎完成イメージ(与那国町提供)

完成予想イメージ図-1
与那国町役場新庁舎完成イメージ(与那国町提供)

完成予想イメージ図-2
与那国町役場新庁舎完成イメージ(与那国町提供)

完成予想イメージ図-3
与那国町役場新庁舎完成イメージ(与那国町提供)

工事費、最大で35億円に

 【与那国】施設や建物の老朽化、狭隘(きょうあい)化に伴い、新たに建設が予定されている町庁舎の建築工事費が、最大で35億3700万円となっていることが17日までに、分かった。取材に対し、町は費用が膨れ上がった理由として▽作業員の渡航費や宿泊費▽資機材の海上輸送費の値上がり▽引っ越し費用約5億円の追加ーなどを挙げた。

 町は、開会中の12月定例議会に、新庁舎新築移転にかかる複数年の予算を確保するための債務負担行為を提出したが、多数野党の理解が得られなかっため取り下げた。担当者は「来年2月末までに費用の圧縮などを行い、理解を求めたい」としている。

 新庁舎建築費は2016年3月に庁舎建設検討委員会(新里和男委員長、委員9人)の報告書で14億3603万円が示された。場所は祖納集落東側に位置する高台。

 その後、19年3月の住民説明会で16億8442万円、今定例会では当初の2・5倍近い35億3700万円に膨れ上がった。

 町は今後、資材置き場の仮設費や土壌改良にかかる費用などを中心に費用の圧縮を図り、早ければ来年6月の入札にこぎつけたい考え。

 新庁舎は、敷地面積約6500平方㍍で、建物は鉄筋コンクリート平屋建て。中2階に倉庫を有し、延べ床面積は約3300平方㍍。

 町役場機能に加え、教育委員会や保健指導所、水道管理センター、商工会、観光協会、JAの一部の部門が入居する合同庁舎となる計画。

  • タグ: 与那国町新庁舎
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム