八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

二中2年連続の金賞 マーチングバンド全国大会

躍動感のあるステージで2年連続の金賞に輝いた石垣第二中吹奏楽・マーチングバンド部=14日午後、さいたまスーパーアリーナ

躍動感のあるステージで2年連続の金賞に輝いた石垣第二中吹奏楽・マーチングバンド部=14日午後、さいたまスーパーアリーナ

きびきびとした演技で銀賞に輝いた石垣市立平真小マーチングバンドレインボー=14日午後、さいたまスーパーアリーナ

平真小銀賞に輝く

 【埼玉】第47回マーチングバンド全国大会は14日、さいたまスーパーアリーナで、1日目が行われ、中学校の部小編成に出場した石垣第二中吹奏楽・マーチングバンド部は2年連続の金賞に輝いた。また小学生の部小編成に出場した石垣市立平真小マーチングバンドレインボーは銀賞だった。

 

二中圧巻の舞台

 

 2年連続出場を果たした石垣第二中が全国トップクラスの圧巻のステージを披露した。タイトルは「The road to glory~未来へつながる絆~」。悩み、ぶつかり合いながらも、共に人生を歩む仲間との絆をテーマに、迫力あるドラムとブラス(管楽器)による規律が整ったマーチング、鮮やかなフラッグを用いたカラーガードによる美しいパフォーマンスと豊かな表現力が6分半のステージに凝縮され、金賞常連校のプライドを見せた。

 金賞受賞校で2位と目標としてきた最優秀賞には惜しくもあと一歩届かなかったが、指揮台から生徒たちのステージを見つめた顧問の大浜安功教諭は「沖縄の情熱を表現できたステージだった。昨年の経験を生かせたのが大きい」と健闘をたたえた。

 躍動感あふれるダンスを披露したカラーガード担当の樅山うらら主将(3年)は「県大会でミスしたところを完璧に演じることができた。楽しい3年間。世界一を取った西原高校に入って競技を続けたい」と息を弾ませた。

 副主将の喜友名天花さん(同)はサックスを担当。「マーチングへの感謝と熱い気持ちを出せた。結果にかかわらず、満足いくステージだった」と語り、バッテリー(ドラムライン)担当の石垣奈穂さん(同)は「練習を重ねてきた自分のステッキさばきを全国で披露でき気持ち良かった」とやりきった表情だった。

 また後輩の2年生でトランペットを担当した武田結菜さんは「先輩たちとの最後のステージを思い切り楽しむことができた。受け継いだ思いを胸にまたこの舞台に戻ってきたい」と再来を誓った。

 

平真小会場魅了

 

 一方、4年ぶりに全国舞台に立った平真小のステージは「Treasure hunt~オオゴマダラに導かれて~」。宝箱を捜し求めて大海原へと出航する海賊に扮(ふん)し、苦難も諦めずに乗り越えれば人生の宝物をつかめるというメッセージを織り込んだ。大海に囲まれた石垣島らしい、南国のリズムで会場を魅了。クライマックスでは大空へと舞う美しいオオゴマダラを巨大フラッグで表現し、壮大なステージを締めくくった。

 指揮した顧問の小濱まゆみ教諭は「各自が最高の演技をしてくれた。ことしでベストのパフォーマンス」と拍手。部長でカラーガードを担当した前盛百花さん(6年)は「観客に感動を与えられるようなステージにしようと皆で力を合わせた。練習の成果をすべて出すことができた」と満面の笑みを浮かべた。トランペットを担当した副部長の宮良駿輔さん(同)は「チームをまとめる経験は今後も生きる。中学でも日本一を目指したい」と意気込みを見せた。

  • タグ: 全国大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム