八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

第13回花と緑と食のまつり

シイタケ栽培キットはことしも大人気。1時間で完売となった=8日午前、八重山農林高校

シイタケ栽培キットはことしも大人気。1時間で完売となった=8日午前、八重山農林高校

八重農ブランド人気 多くの来場者でにぎわう

 八重山農林高校(山城聡校長)の生徒らが生産物や加工品を販売する「第13回花と緑と食のまつり」が8日、同校であった。地域住民約5000人(主催者発表)が買い物や出店料理、ワークショップなどを満喫し、生徒らの日ごろの学習成果に触れた。新鮮な野菜や草花、木工品、6次産業化商品などが並ぶ販売コーナーでは、八重農ブランドを求めて来場客が長蛇の列を作り、完売が相次いだ。

 生徒の日ごろの学習成果を発表するとともに、地域の農業教育への理解と関心を深める場とする目的で、3年に一度開かれている。

 例年人気のアグリフード科のケーキやパンを手に入れようと、同科の販売コーナーはまつり開始前から人だかりが。1人当たりの購入個数を制限しての販売だったが、2時間半で全種完売となった。

 1時間で完売したグリーンライフ科のシイタケ栽培キットを入手した徳比嘉梨乃さん(35)は「これが目当てだったので買えてうれしい。パンと焼き鳥も買いたい」と笑顔。

 また、同科はことし、いす付きテーブルに変身する変形ベンチや、琉球松のちゃぶ台、ガーデンチェアなど多彩な木工品を用意。販売会場はインテリアの逸品を求める客や、アウトドア用品として検討する家族連れでにぎわった。

 フードプロデュース科の子牛の哺乳体験コーナーやライフスキル科のおもちゃ作りワークショップなど、子どもも楽しめるコーナーが充実。哺乳体験に挑戦した横関結依子ちゃん(4)は「楽しかった。牛さんがかわいかった」と目を輝かせた。

 ライフスキル科の野菜類、アグリフード科の沖夢紫の焼き芋、同校栽培のコーヒー豆なども人気を博した。

  • タグ: 八重農まつり
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム