八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

12月に入り街中も徐々に慌ただしさを増して…

 12月に入り街中も徐々に慌ただしさを増してきそうだ。その中で、あちこちで行われている道路工事。毎年のような光景でさほど気にも留めていなかったが、ある飲み会の席で、その事が話題に上った▼郊外の三差路で行われている工事で交通整理に使用されている工事用の信号機の待ち時間が長いというもの。2分近く止められるという。三差路のためどうしても長めになるのは分かるが、急いでいると、その待ち時間の長さにイライラするという▼工事による片側通行で、交通の混乱を招くことなく安全を保つために簡易信号は効果を発揮する。市街地など交通量が多い場所では有効だ。だが、郊外の車の通りが少ない場所で果たして必要なのだろうか▼対向車がこない中、何十秒も待つ状況を考えると疑問にも思う。中には待ちきれずに信号を無視する車両がいるのも事実だ▼工事用信号機の指示を守らないと道路交通法違反になるのか。調べてみると、違反にはならないようだ。だが、万一、事故を起こした時には過失割合が不利になる場合があるとか▼ドライバーのモラルとして、工事用と言えど設置されている信号機はやはり守るべきもの。だが、すべて一律ではなく、場所や時間帯、曜日など道路事情に応じて信号機の調整が必要なようにも思う。(下野宏一)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム