八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市成人式 現行の20歳で実施

「成人式」に変わる式の対象年齢などの提言を取りまとめる石垣市成人式のあり方等に関する意見交換会議=28日夕、石垣市教育委員会

「成人式」に変わる式の対象年齢などの提言を取りまとめる石垣市成人式のあり方等に関する意見交換会議=28日夕、石垣市教育委員会

あり方意見交換 「18歳」大人の自覚難しい

 民法の一部改正に伴い2022年以降の成年年齢が18歳となるのを見据えた、石垣市成人式のあり方に関する意見交換会議(前盛善治委員長)が28日、市教育委員会事務所で行われ、現行の20歳を対象に行うことを決めた。12月3日、石垣安志教育長に報告する。式典か祝賀会にするのか、式の内容や名称については今後、事務局を中心に決定する。

 年齢を据え置くことについて▽民法に合わせた18歳では大人の自覚を持つことが難しい▽成人祝いや受験時期と重なり、本人や家族への負担が大きい|とする理由のほか、式の祝賀ムードに誘発された飲酒や喫煙などに対する懸念も反映された。

 法律の成年と「成人式」の対象年齢が違うことから法改正の趣旨を無視するのではないかという危惧に対しては、式の対象年齢は地方自治体の裁量に委ねられているため問題ないとの意見で一致した。

 市教委は市内中学校3年生と八重山3高校の1、2年生1448人や関係団体、市民を対象にアンケートを実施したほか、自治公民館や竹富町、与那国町の成人式の実施状況も調査、取りまとめも行った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム