八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

来月6日以降、使用できず 新庁舎建設工事本格化で

石垣市役所新庁舎建設地。右奥の真栄里ヘリポートは来月6日から使用できない見通しとなっている=18日午後、石垣市真栄里

石垣市役所新庁舎建設地。右奥の真栄里ヘリポートは来月6日から使用できない見通しとなっている=18日午後、石垣市真栄里

真栄里ヘリポート

 石垣島周辺離島からヘリコプターによる急患搬送業務の場外離着陸場となっている旧石垣空港跡地内の真栄里ヘリポートが12月6日以降、使用できない見通しとなっていることが18日、分かった。ヘリポートに近い石垣市役所新庁舎の建設現場で来月6日から工事が本格化するため、市が去る15日、市消防、第11管区海上保安本部石垣航空基地と協議した結果、搬送業務の安全性を最優先し、南ぬ島石垣空港(新空港)を着陸地点の第1選択肢とするとの認識を共有した。

 新庁舎は10月3日に起工式を済ませ、造成工事を行っている。建設地の周囲にはフェンスが立てられ、「ヘリ回転翼の吹きおろしの風がフェンスを倒しかねない」と懸念の声も出ていた。

 同ヘリポートの使用可否をめぐっては、工事用クレーンなどが障害となって発着が困難視されてきた。市消防は周辺で代替地の市有地などを探したが見つからず、新空港を適地としていた。

 救急車による真栄里ヘリポートから八重山病院までの搬送時間は約1~2分。新空港だと15分を要する。一分一秒を争う急患搬送では、医療設備の整った病院へ早急に搬送する必要があるが、同基地によると、最も遠い与那国島から患者を搬送する場合、石垣島で救急車に引き継ぐまでの時間は約2時間となっている。

 海保ヘリ急患搬送件数は年間約50~60件。1972~2018年末の件数は、竹富町1619件、与那国町654件、多良間村602件。

 搬送件数の約6割を占める竹富町ではことし7月、竹富町公民館連絡協議会と老人クラブ連合会、婦人連合会、青年団協議会が町にヘリポートの継続使用を求める要請をしていた。

  • タグ: 真栄里ヘリポート
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム