八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

火災予防の徹底を すでに前年上回る17件

元気よく火災予防を呼び掛ける幼児ら=11日午後、ユーグレナモール内

元気よく火災予防を呼び掛ける幼児ら=11日午後、ユーグレナモール内

石垣市火災関係統計

市消防、重要文化財検査へ

 空気が乾燥し火災の発生しやすい季節を迎えるのを前に全国一斉「秋季火災予防運動」(9~15日)が展開されている。石垣市消防本部は期間中、国指定重要文化財の旧宮良殿内と権現堂の防火対象物立ち入り検査も実施する。運動の一環として、みやら保育園(宮良實守園長)の園児たち16人が11日午後、ユーグレナモール内をパレード、「火の用心」を訴えた。

 市消防によると、市内の2019年火災件数は10日時点ですでに前年を4件上回る17件に上っている。ことしは1~2月の1カ月間で5件の火災が発生し、死者1人を出している。今月10日には白保で畔(あぜ)焼き中に近くの原野に延焼した事案もあり、市消防は風向などに注意するよう求めている。

 市消防は住宅防火対策として▽住宅用火災警報器の設置▽防火品の使用▽自宅用消化器の設置▽隣近所の協力体制構築|を挙げ、予防運動では幼児を対象にした防火指導、防火対象物や危険物施設の立ち入り検査をして違反是正を行う。

 パレードには幼児や女性防火クラブ員、市関係者も参加。2014年4月にアーケード内の民宿1棟が全焼する火災が発生した際、通路に駐輪されたバイクや自転車、せり出した店舗の看板、商品陳列棚などが障害となって消防ポンプ車が現場に近づけない事態が発生したことを受け、ポンプ車の通行確認も実施、消防職員が店舗に注意を促した。

 パレードに先立ち出発式が消防本部で行われ、大濵安久消防長は首里城火災に言及、「毎年1月の文化財防火デーにちなみ消防訓練を行っているが、今回の予防運動期間中に重要文化財の立ち入り検査で防火設備の点検をする」と述べた。

  • タグ: 火災予防火の用心
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム