八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国島一周マラソン大会 国境の島551人完走

号砲の合図で勢いよく駆け出す25㌔の選手たち=9日午後、与那国中学校グラウンド

号砲の合図で勢いよく駆け出す25㌔の選手たち=9日午後、与那国中学校グラウンド

25㌔村松が10回目の優勝 女子は松谷初V飾る

 【与那国】第27回日本最西端与那国島一周マラソン大会(主催・与那国町、主管・与那国町体育協会)が9日、与那国中学校グラウンドを発着点に島を東回りに一周する25㌔と、西崎灯台をスタートする10㌔で行われ、25㌔男子は村松稔(42)=与那国町=が1時間35分29秒で3年ぶり10回目、女子は松谷恵美(53)=神奈川=が1時間56分38秒で初優勝を飾った。10㌔男子は脇園誠(46)=与那国町=が37分20秒、女子は金井瑠都(39)=同=が45分45秒でそれぞれ優勝を飾った。大会には25㌔の部に316人、10㌔の部に300人が出場。25㌔で279人、10㌔で272人が制限時間内にゴール、完走率はそれぞれ88.29%、90.67%だった。

 大会当日は秋晴れで気温24度と絶好のマラソン日和。選手たちは時折吹く強風に負けず、起伏に富んだ島のコースを懸命に走った。沿道の観客の声援もランナーを後押しした。

 大会は祖納青年会の力強い太鼓で安全を祈願し、午後1時に25㌔がスタート。

 男子は終盤まで大城優人、久高準、村松稔のトップ争いとなり、20㌔付近で抜け出した村松がそのまま歓喜のゴールテープを切った。

 給水地点ではボランティアの子どもたちや地域住民が声援を送った。選手たちも仮装やかぶりもので大会を盛り上げた。

 レース終了後に同校体育館で行われた表彰式では各年代の優勝者にトロフィーや賞品が授与され恒例のふれあいパーティーも参加者らを楽しませた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム