八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣港運が努力賞 安全衛生活動を評価

安全・衛生表彰の努力賞を受賞した下地代表(前列右)が受賞報告を行った=8日午後、八重山労働基準監督署

安全・衛生表彰の努力賞を受賞した下地代表(前列右)が受賞報告を行った=8日午後、八重山労働基準監督署

全国港災防大会

 第56回全国港湾労働災害防止大会(港湾貨物運送事業労働災害防止協会主催)がこのほど、愛知県で開かれ、石垣港運㈱(下地巖代表取締役社長)が安全・衛生表彰の努力賞を受賞した。同社が8日午後、八重山労働基準監督署(梅澤栄署長)に受賞報告を行った。

 努力賞は、安全成績か労働衛生管理が優良賞に達しないが、安全活動を熱心に実施し、その向上が著しい事業所に対する表彰。

 石垣港運は毎日午前8時のミーティングで一日の作業工程を確認し、体操を実施。また、年2回の港湾パトロールなどに参加し、安全衛生意識の高揚を図っている。

 受賞報告を行った下地代表は「これからも努力してほしいということ。事故を起こさないよう頑張りたい」と今後の意気込みを述べた。

 梅澤署長は「八重山の死亡事故は10年以上ない。自主的な事故防止活動に助かっている。今までの実績が評価された」など述べ、「(港湾は)フォークリフトが行き来する。ミーティングをしないと、作業工程が分からない人が使うと事故の元になる」と活動をたたえた。

 同署によると、八重山管内での港湾荷役作業での死亡事故は少なくとも2008年以降発生していない。

  • タグ: 全国港湾労働災害防止大会石垣港運
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム