八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市長が意見交換申し入れ 回答得て議論の場へ

4月の意見交換会での質問や要望に対する回答を求める4公民館の館長ら=5日午後、市役所

4月の意見交換会での質問や要望に対する回答を求める4公民館の館長ら=5日午後、市役所

陸自配備計画 4公民館、再度質問事項を提出

 平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、中山義隆石垣市長が近隣4公民館に意見交換を申し入れていることが分かった。4公民館は5日、ことし4月に開催された意見交換会での質問や要望に対して「何の回答もない」として改めて質問事項を市に提出、「誠意ある回答を得た上で議論に臨みたい」とした。

 4公民館は、とくに予定地周辺の自然環境や石垣島全体の水環境、生活環境が破壊、汚染されることがないとする科学的根拠を提示するよう要求した。

 さらに有事の際の具体的な住民避難計画、陸自配備後の事故・有事が発生したときの責任の取り方などについて回答を求め、「市民の意見を聞くための住民投票もされておらず、近隣地区が反対する中での受け入れには、市長に重大な責任がある」と指摘している。

 於茂登の喜友名朝昭館長、開南の小林丙次館長、川原の具志堅正館長、嵩田の高宮耕館長が市役所を訪ね、知念永一郎総務部長に文書を手渡し、新聞紙上と市ホームページ上で回答を公開するよう要望した。「すべてに回答しないと前に進めない」と述べた。

  • タグ: 陸上自衛隊配備計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム