八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「住民があたかも犯罪者扱いされたに等しい

 「住民があたかも犯罪者扱いされたに等しい。島の人たちはワジワジーしないのか」と、電話口の主は声高に訴えた▼石垣島への陸自配備計画をめぐり、隊員宿舎建設候補の市有地3筆の地番が開示されないことについて沖縄防衛局が隊員や宿舎に対する「犯罪を招く恐れがある」とした理由への見解である▼市の意見照合に同局は、「用地取得後において宿舎に居住する自衛隊員の身体や財産等への不法な侵害、当該宿舎への不法な侵入や破壊行為といった犯罪を招くおそれがあるとの理由から、不開示情報として、宿舎の具体的な設置場所が(を)明らかにすることを控えているところ」と回答した▼政府の考え方が色濃く反映されているようだが、いくら読んでもこの回答に後味の悪さが残るのはなぜだろう。市や政府の一連の言動をみていると、「地域住民の理解と協力をもって」は建前で、水面下で秘密裏にことを進めながら「造ってしまえばこっちのものだ」が本音かも知れない▼回答の背景にあるのは何なのか。住民に問題を忘れさせようと努力する政治だとすればなんとも情けない▼政府が都合の悪いことは国民に知らしむべからずでは、政治も行政も腐敗するのが歴史の教訓ではなかったか。なぜ、それほどまでに。不開示回答は、安倍一強の現代を象徴している。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム