八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山の特産品大集合 産業まつり、きょうまで

「2019八重山の産業まつり」が開幕、23事業所がブースを設け、自慢の商品を販売した=2日午後、石垣市民会館中ホール

「2019八重山の産業まつり」が開幕、23事業所がブースを設け、自慢の商品を販売した=2日午後、石垣市民会館中ホール

 「島々ぬ未来ゆつくるやいまむん」をテーマにした「2019八重山の産業まつり」(同実行委員会主催)が2日、石垣市民会館で開幕した。会場には八重山3市町から23ブースが出展、島々の特産品が一堂に集まった。また、今回初めて専門家派遣事業が実施され、専門家が店舗の商品や陳列をチェックした。同まつりは3日まで。

 出店業者は石垣市18、竹富町4、与那国町1店舗。会場には焼き物などの工芸品、島素材の加工食品などが集まった。体験ブースも2カ所で実施、初出店業者が2店舗あった。

 このうち、㈲うえざと木工は「KATARIGI」と題するブースで、木のトレイやアイデア商品を販売。昨年、余った端材(はざい)を求める客がいたことから、端材木の詰め放題を実施した。店舗の高松大祐さん(41)は、「台として使ったり、握ったりしてもいい。楽しみ方は自由」と話した。

 与那国町から唯一の出店となった合名会社崎元酒造所(崎元俊男代表)は長命草を活用した「長命酢」や「長命酒」などを販売。同代表は「石垣島まつりと同時開催なので、観光で訪れる県外の客にもPRしたい」と意気込んだ。

 気になる商品を買い求めようと、会場には午前中から市民や親子連れ、観光客らで大入り。試食をしながら商品を購入していった。

 石垣島に嫁いだ娘に会うために来島した鈴木省男(よしお)さん(81)=埼玉県=は、アンガマ面などを購入。「以前から気になっていて探していた。売られていることを新聞で知って買った。理由なしに良いものは良い」とお目当ての工芸品を手に喜んだ。

 今回初めて導入された専門家派遣制度では、4人の専門家がブースを巡り、商品やパッケージ、展示方法などを確認。石垣市商工会の担当者は「専門家の意見を聞くことで、自社商品の売り上げ増につながる。知名度を上げて販路を広げ、徐々にレベルアップしてほしい」と期待した。

 オープニングセレモニーで黒嶋克史実行委員長は「23事業所が参加し、自慢の商品を紹介している。ぜひ会場に足を運んでほしい」と呼び掛けた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム