八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

首里城焼失 石垣市が募金開始

石垣市が首里城火災支援金と台風19号災害義援金の受け付けを開始。担当者らが募金箱を設置した=1日午前、市役所正面玄関受け付け前

石垣市が首里城火災支援金と台風19号災害義援金の受け付けを開始。担当者らが募金箱を設置した=1日午前、市役所正面玄関受け付け前

「1日も早い再建を」

 首里城が焼失したことを受け、石垣市は1日、「首里城火災支援金」の募集を開始した。この日から予定していた台風19号災害義援金受け付けに、「貴重な文化遺産かつ代表的な観光資源である首里城の焼失は、海を隔てた石垣市民にとっても大変ショッキングな出来事。1日も早い首里城の再建を」として急きょ追加した。今後、再建に向けた支援の輪が広がりそうだ。

 中山義隆市長と担当職員が同日午前、市役所正面玄関受付窓口に両募金箱を設置した。市立図書館、市健康福祉センターにも置いている。

 中山市長は「首里城は県民の心のよりどころ、シンボル。今後、再建に向けた動きが出てくると思うが、石垣市も協力していきたい。息の長い活動になると思うが、市民の力添えを」と協力を呼び掛けた。

 両募金の受け付けは12月27日まで。台風19号災害義援金については市が日本赤十字社に送金する。

 首里城災害支援金については、市平和協働推進課が募集から送金に至るまでの事務を取り扱う。受け付けは12月27日以降も継続される見通し。県が現在、寄付金口座の開設を準備している。

  • タグ: 首里城焼失支援金
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム