八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県代表の八商工が健闘 全国ロボット競技大会

第29回全国産業教育フェア新潟大会「さんフェア新潟2019」の「第27回全国高等学校ロボット競技大会」で競う八重山商工高校の生徒ら=27日、新潟県長岡市アオーレ長岡(同校提供)

第29回全国産業教育フェア新潟大会「さんフェア新潟2019」の「第27回全国高等学校ロボット競技大会」で競う八重山商工高校の生徒ら=27日、新潟県長岡市アオーレ長岡(同校提供)

決勝T進出も1回戦で敗退

 【新潟】10月26日から2日間、新潟県長岡市で開かれた第29回全国産業教育フェア新潟大会「さんフェア新潟2019」(同実行委員会など主催)の「第27回全国高等学校ロボット競技大会」に沖縄県代表として4年ぶりに出場した八重山商工高校は、全128チーム中36位の成績で予選を通過、48チームで争う決勝トーナメントに進出した。1回戦敗退となったが、健闘が光った。

 競技は、自作のリモコン型ロボットと自立型ロボットを操作・制御して得点対象物を運搬・射出し、総合得点を競った。

 同校はことし、機械電気科と情報技術科の生徒でロボットを合作。チーム「ウシュマイ」として出場し、リモコン操作型ロボットの操縦を河本康希君(機械電気科3年)、補佐をチームリーダーの仲本長尚君(情報技術科3年)、自立型ロボットを与那原龍樹君(同1年)が担当した。

 仲本君は「やれることは全てやった。決勝トーナメントへの狭き門を通ったことはうれしい」と振り返った。競技後はさまざまな学校の生徒と交流し、情報交換も。「見たことも聞いたこともない技術についてたくさん聞くことができた」と手応えを得た様子だった。

 担当の平良大輔教諭は「大会を通して技術面だけでなく、自分で考え改善していくものづくりの姿勢が身に付き、見違えるほどたくましくなった」と生徒らの成長を喜んだ。

  • タグ: 全国高等学校ロボット競技大会八重山商工高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム