八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山署管内 高齢者の物損事故、最多371件

高齢者ドライバーの物損事故が増加傾向、人身事故率も県平均を上回っている(資料写真)

高齢者ドライバーの物損事故が増加傾向、人身事故率も県平均を上回っている(資料写真)

2018年過去5年間 人身は県平均上回る

 八重山署(島尻重美署長)管内の高齢ドライバー(65歳以上)による2018年の物損事故が、過去5年で最多の371件(前年比33件増)となっている。高齢者が第1当事者となる人身事故は25件(25%)と、過去5年で横ばいだが県平均を8.3ポイント上回っている。

 八重山署は18年の高齢ドライバーの交通事故状況を「交通白書」にまとめている。過去5年間の人身事故件数はほぼ横ばい。18年の人身事故25件のうち、出合い頭、対人、後退時の事故がそれぞれ7件で最多となった。

 事故様態としては▽安全不確認・不十分10件(40%)▽前方不注意8件(32%)▽動静不注視5件(20%)—など。ハンドル操作を誤るなどの「装置操作不適」は2件(8%)あった。

 一方、物損事故の増加に関して、同署交通課はレンタカー増加に伴う傾向とみている。物損事故371件のうち、高齢者が第一当事者となる事故は261件だった。

 八重山署は「人身事故につながると、大変な損失になる。安全な運転ができないと感じたら、免許返納を検討してほしい」と呼び掛けている。

 高齢者ドライバー事故対策に向け八重山署は11月1日、先島交通㈱と高齢者の運転免許証返納後の優遇措置制度を締結し、タクシー乗車料金の10%を割り引く仕組みが始まる。

高齢者事故件数

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム