八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

体育の日。昭和39年の…

 体育の日。昭和39年の東京オリンピック開催を記念して2年後の41年、「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨として祝日に制定された▼それが来年に限り五輪の開会日にあたる7月24日に移動するという。なるほど7月は4連休になるが、10月は祝日のない寂しい月になる。何でも五輪にかこつけたがる国ゆえに▼開幕まで半年余。ここへきて国際オリンピック委員会が花形競技のマラソンと競歩を札幌に移すと言い出し、そうなりそうだ。夏場の東京の酷暑のせいである。有効な暑さ対策がなかったと判断したのだろう。時間がない。販売済みの入場券は、警備はどうする。課題は多い▼そもそも、米国テレビ局の言いなりに放映権を販売してしまったために夏季開催にこだわったのは誰だったか。今頃になって暑熱の事故を未然に防ぐ「選手ファースト」の措置という▼思えば日本は、マラソンのためにサマータイムを導入し、国民の生活リズムさえ犠牲にする愚を犯そうとした。どう考えても大会開催適期は「スポーツの秋」だろうに▼地球温暖化、気候変動が進む。島々を襲う台風は年々大型化、猛烈化し特別警報が続く。日本列島に毎年降る「百年に一度」の豪雨災害も海水温上昇ゆえん。「セクシー」などと言っている場合ではない。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム