八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

美ちゅら、団体初代王者に 16チーム約200人が出場

大縄跳びで軽快なジャンプを見せる参加者たち=14日午前、石垣市中央運動公園陸上競技場

大縄跳びで軽快なジャンプを見せる参加者たち=14日午前、石垣市中央運動公園陸上競技場

団体の初代王者に輝いた「美ちゅら」のメンバー=14日午後、石垣市中央運動公園陸上競技場

石垣島大運動会

 2019年石垣島大運動会(同実行委員会主催)が「体育の日」の14日、石垣市中央運動公園陸上競技場で開かれ、団体16チーム197人が大縄跳びやリレーなど6種目で汗を流した。団体チーム対抗の初代王者には「美ちゅら」Aチームが輝いた。同大会は健康寿命を延ばし、石垣島の医療費や介護費を削減することが目的。

 団体は障害物競走、走り高跳び、大縄跳び、400㍍リレー、駅伝、綱引きの6種目で実施した。

 このうち、大縄跳びには14チームが出場。1チーム10人で、2人が回す縄に8人が呼吸を合わせてジャンプ。石垣市消防本部は64回飛び、同種目で1位となった。綱引きでは大人も子どもも参加して、熱戦を展開した。

 初代王者となった社会人野球チーム「美ちゅら」の島尻高樹監督(29)は、「大人はなかなか運動をする機会はないが、運動をすると子どもの頃に戻れる。来年も出場して連覇したい」と感想を述べた。

 総合と各種目の結果は次の通り。

 ▽総合=①美ちゅらA②石垣市消防③チームマッスル▽障害物競走=①美ちゅらA②美ちゅらA③チームタクミ▽走り高跳び=①マリンスター(オガワさん)155㌢②石垣市消防(マツダさん)150㌢②美ちゅらA(オロクさん)同②チーム根原(トウマさん)同②チームマッスル(ツジさん)同▽大縄跳び=①石垣市消防②チームマッスル③美ちゅらB▽駅伝=①石垣市消防②チーム根原③美ちゅらA▽綱引き=①美ちゅらA②チームマッスル③石垣市消防③▽ぴのえバスターズ▽リレー=①石垣市消防②石垣市役所バレーチーム③美ちゅらA

  • タグ: 石垣島大運動会美ちゅら
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム