八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市 商品券1250万円市場へ

プレミアム付き商品券の販売が1250万円台に。事業担当者がPRを行った=11日午前、石垣市商工会

プレミアム付き商品券の販売が1250万円台に。事業担当者がPRを行った=11日午前、石垣市商工会

増税対策、対象店舗は85店

 消費増税対策として国が補助し、石垣市が発行する石垣市プレミアム付き商品券の申請が、販売が始まった1日から10日までに500人、発行数2万5000枚となっている。商品券は1枚当たり500円。総額1250万円分の商品券が市場に出回ることになる。取り扱い対象店舗は8日時点で85店。

 石垣市プレミアム付き商品券は、「2019年度の住民税が課税されていない人」(対象1万人)「16年4月2日から19年9月30日までに子が誕生した世帯」(対象3000世帯)と、その両方が対象。1冊(500円券10枚)を4000円とし、対象が重複する場合を除けば最大5冊2万円分購入できる。取扱店はスーパー、コンビニエンスストア、給油所、薬局などがある。

 11日、石垣市商工会で2万円分の商品券を購入した40代女性=宮良=は、「お得だから購入した。増税されなくても(同制度は)あったほうがいい」と感想を述べ、「子育て世代なので、日用品とかに使いたい」と話した。

 市商工会では、事業所を対象に使用済み商品券の換金を1カ月に3回実施。この日、換金に来たスーパーの担当者は16万円分を換金した。商品券利用者は3日前から増え始めたようで、商品券を使っての買い物は概算で全体の1%~1・3%。店舗では消費増税後の消費反動もあったという。今後の消費行動について、「まとめ買いをするときに(商品券を)使うのだろう」と予測した。

 販売期間は来年1月末日まで、使用は2月29日まで有効。同事業の担当者は、「高齢者の代わりに代理で申請してもいい。早めに購入してほしい」と呼び掛ける。通常は平日受け付けだが、今月は第2、第4土曜日に当たる12、26日の2日間も午前9時から午後5時まで対応する。問い合わせは、石垣市プレミアム付商品券事業(87-9064)まで。

  • タグ: 石垣市商品券
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム