八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

トライアスロン2020 来年4月12日開催決定

石垣島トライアスロン大会2020をPRする右から大会ディレクターの西沢潤氏、名誉会長の中山義隆市長、池淵功寛事務局長=9日午前、市長室

石垣島トライアスロン大会2020をPRする右から大会ディレクターの西沢潤氏、名誉会長の中山義隆市長、池淵功寛事務局長=9日午前、市長室

ショートタイプ新設へ 高校生も3種目可能に

 石垣島トライアスロン大会2020・第6回八重山郡トライアスロン大会(同実行委員会主催)の開催日が来年4月12日に決まった。高校生が出場できるショートタイプ(仮称)の種目新設を調整している。高校生はこれまで3人でタスキをつなぐリレーにしか出場できなかったが、ショートタイプが創設されれば1人で3種目に挑戦できるようになる。

 小中学生を対象にした大会はジュニアトライアスロンがあるが、高校生になると出場できる種目がリレーに限られていた。このため、51・5㌔より短いショートタイプを設けることで高校生、さらには初心者、女性、シニアなどが参加しやすい大会にしたい考え。実現すれば、小学生からシニアまで幅広く参加できる競技環境が整うことになる。

 大会概要は8日、市健康福祉センターで開かれた第1回実行委員会(委員長・宮城直久県トライアスロン連合代表理事、7団体)で承認された。

 種目はスイム1・5㌔、バイク40㌔、ラン10㌔のスタンダード(一般、八重山郡大会、リレー)とショートタイプ(一般、高校生、リレー)を予定。南ぬ浜町人工ビーチを午前8時スタート。スタンダードは昨年同様のコース。ショートタイプのコースや距離については今後、関係機関と詰めていく。

 大会ディレクターでJTU事業企画委員会の西沢潤委員が9日、市役所を訪ね名誉会長の中山義隆市長に報告、「ショートタイプを設けることでステップアップできる形にしたい」と述べた。

 中山市長は「石垣島大会にスケジュールを合わせて、ぜひ全国から多くのアスリートの皆さんに参加してほしい」と呼び掛けた。

 大会は、2020JTUエイジグループランキング対象大会、ワールドマスターズゲームズ2021関西トライアスロン競技出場資格ポイント対象大会にもなっている。

 申し込み受け付けは11月中旬ごろを予定している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム