八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

美空ひばり。焦土の中をデビューし昭和を…

 美空ひばり。焦土の中をデビューし昭和を彩った。没後30年、誰もが知る希代の歌姫がAI(人工知能)によってよみがえり、新曲「あれから」を歌う姿を見た。過日の「NHKスペシャル」。「七色の声」といわれた特徴ある歌声や語りをみごとに再現した。AIはより深化している▼思えば、AIはすでに私たちの暮らしとともにある。お掃除ロボットなどがそれ。与えられた判断基準と行動パターンを自ら学習し、駆動する。AI家電はクーラーや冷蔵庫などに次々拡大中▼囲碁や将棋、チェスの世界では、人間はもはやAIに太刀打ちできない▼危険な側面もある。技術は軍事転用され、AI兵器は火薬、核兵器に次ぐ「第三の革命」という。爆薬を積載して突っ込む「神風ドローン」は「貧者の核兵器」。無人機、無人戦闘車。AI兵器は人間の意思を介在せぬまま相手の殺傷を判断する。倫理上許されるか、AIに間違いはないか▼近未来、AIは人間を超え、人の仕事の半分をAIが肩代わりすると予測される▼八重山の手仕事はAIに可能だろうか。「用の美」としての手作りの民具、日用品。祭事の道具や衣装。形は作れても不可能なこと。たとえば誰かのために糸を紡ぎ、染め、織り、仕立てる。人を思う。なんと心豊かな世界であることか。未来へ、大事に伝えなければ。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム