八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

宮城(石垣市)牧(神奈川)組が日本一 男子複で初制覇

全日本ビーチテニス選手権大会を制した宮城(左)牧ペア=9月29日、藤沢市鵠沼海岸(宮城さん提供)

全日本ビーチテニス選手権大会を制した宮城(左)牧ペア=9月29日、藤沢市鵠沼海岸(宮城さん提供)

全日本ビーチテニス選手権大会 宮城「世界で活躍したい」

 第7回全日本ビーチテニス選手権大会(主催・公益財団法人日本テニス協会)が9月27日~29日までの3日間、神奈川県藤沢市で開かれ、男子ダブルスで宮城陵太(24)=石垣市=と牧篤矢(23)=神奈川=ペアが3度目の出場で初優勝を飾った。

 同ペアはこれまで全日本選手権で初戦敗退、2回戦敗退と苦杯をなめてきたが、今大会ではシードから4試合戦い、準決勝以外をストレート勝ちで制した。

 決勝戦の相手は前回大会2回戦で敗れたペア。宮城は「相手ペアとは、ことし1勝1敗。直近の試合では負けていたが、攻めのプレーができた」と振り返り、ストレート勝ちに「リベンジできた」と喜んだ。

 宮城・牧ペアは日本代表強化指定選手で、日本ランキングはそれぞれ5位と4位。目標は来年4月決定予定の日本代表選手の枠。

 宮城は「日本一になったので来年からは海外も回りたい。外国人選手にも勝って、世界で活躍したい」と抱負を述べた。

 ビーチテニスはイタリア発祥の競技で、テニスラケットに似たパドルとボールを使い、砂浜で競技を行う。

  • タグ: 全日本ビーチテニス選手権大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム