八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

第69回沖縄県高校野球秋季大会で八重農…

 第69回沖縄県高校野球秋季大会で八重農野球部の快進撃が止まらない。あれよあれよという間に勝ち進み、9月29日の準決勝では具志川に3-2と逆転勝ちし、初の決勝に進出、九州大会出場を決めた▼九州大会は来春のセンバツ出場校を決める重要な大会。そこで2勝し、4強入りすればほぼ確実だ。八重農は自らの力でセンバツへ続く階段の前に立った。ここからは一段ずつ登るだけだ▼それにしても八重農のどこにこれだけの力が秘められていたのか。特別な投手、打者はいない。強いていえば、強化してきた打線が好調で、取られても取り返してきた。これが決して強力とはいえない投手陣にも安心感を与え、ノビノビと投球できているのかもしれない▼決勝の相手は甲子園常連の沖縄尚学。準決勝の嘉手納に五回コールド勝ちした県内有数の強豪校だ。八重農の野球がどこまで通じるのか、八重農ナインが正面からぶつかる5日の試合が楽しみだ▼それとがぜん浮上しているのが21世紀枠。部員12人、日本最南端の農林高校。部員たちの独自ルールで練習に取り組む姿勢、県大会決勝進出。条件は十分だ▼筆者の回りでも、この話題で持ち切りで、中には派遣費造成を心配する気の早い声も。5日の決勝、19日からの九州大会と、夢は続く。期待しよう。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム