八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

発祥の地に歌碑建立

仲野期成会長(中央左)、高嶺館長(同右)らが川平鶴亀節歌碑を除幕した=29日午後、川平公民館敷地内

仲野期成会長(中央左)、高嶺館長(同右)らが川平鶴亀節歌碑を除幕した=29日午後、川平公民館敷地内

川平鶴亀節、作詞作曲から215年

 川平鶴亀節建立記念式典と祝賀会(同建立期成会主催)が29日午後、川平公民館で開かれ、川平鶴亀節歌碑が除幕された。川平鶴亀節は1804年、当時の役人、宮良当演が作詞作曲し、ことしで完成から215年目。川平は同歌発祥の地となっている。

 同取り組みは、川平公民館発足90周年事業の一環。18年に建立期成会(仲野英則会長)が発足し、このほど碑が完成した。碑の高さは台座を含めて約2㍍20㌢、3番までの歌詞が刻印されている。

 午後1時過ぎに行われた式典では、関係者8人が歌碑を除幕。神司による完成祈願の後、発祥の地完成を祝って全員で川平鶴亀節を斉唱した。

 祝賀会で期成会の仲野会長は「立派な歌碑が完成したことは最高の喜び。末代まで保存継承されることを願いたい」と式辞を述べた。

 川平公民館の高嶺善伸館長は歌詞について、「豊年満作と平和で幸福な世の中への願いが込められている」と説明。「これまで保存継承に多くの人が携わった。川平の伝統芸能が引き継がれることを願いたい」とあいさつした。

 祝賀会はその後、八重山高校郷土芸能部、川平青年会の余興などが披露された。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム